表彰楯の意外な豆知識

表彰楯の文章には句読点がない

様々なイベントや大会で個人や団体に贈る表彰楯は、専門業者の通販サイトからネット注文が気軽にできます。その注文方法は基本的にメールか電話で、オーダーする内容によってはメールのみで済むこともありますし、特注品なら電話で相談することになるでしょう。さてそんな表彰楯は注文時にプレートに入れる大会名や主催者名、表彰文を指定することとなります。そもそもトロフィーと違って表彰楯は長めの文章を入れられるのが利点ですから、感謝の言葉だったり成績を称える言葉を入れるのが一般的です。そしてここからがポイントなのですが、実はその文章に句読点を打たないのが常識となっているのです。これは表彰状にしても同じで、もし今、目の届く範囲に表彰状があるならご覧になってください。句読点のない文章になっていますよね。なぜなら昔は文章に句読点はありませんでした。ところがそれでは読みにくいということで、分かりやすいよう句読点を打つようになったのです。したがって相手を称える表彰文に句読点を打つのは、その相手に対し、読みにくいだろうと見下していることになり、失礼に当たるとのことから句読点を打たないのが一般的となっているのです。表彰楯をオーダーする際は、こういったことも覚えておくと、より良い文章を入れられますよね。

表彰楯とトロフィーやカップとの違い

一位、二位と順位の決まる大会では、順位ごとに大きさの異なるトロフィやカップを贈ることが多いですよね。その一方で表彰楯は、学業の成績や皆勤賞など個人の功績を称えるために用いられることが多いようです。これは表彰楯がプレートに長文を施せるからで、いわゆる賞状としても利用できることから個人を称える際によく利用されているわけです。このことから分かるのはトロフィやカップと比べると、表彰楯はよりオリジナルで作成しやすいということです。例えばトロフィは台座のプレートや上部のモチーフを大会内容に合わせたものにカスタムするのが一般的ですが、表彰楯は文章をはじめとして、レリーフから素材、形状と様々な部分をカスタムできます。素材だけでも木材やアクリル、クリスタルに天然石と様々ですし、レリーフにしてもオリジナルでオーダーすることが可能です。さらに形状も長方形の一般的な楯以外に、六角形や楕円形、その他特殊な形と実に多彩です。したがって表彰楯をフルオーダーする場合、業者と相談しつつ、デザインを決めていくことになります。そこでオススメなのが専門業者の通販サイトで、サイトの専用フォームから気軽にオーダーできるところもありますし、デザイン例なども記載されているので、出来上がりのイメージがしやすいかと思います。

CHOICES

オリジナリティー高まる表彰楯業者

表彰楯は多くのデザインから選べる通販サイトで 大会で優秀な成績を残した選手などに記念品として贈られる表彰楯は、結果がより現実のものとして実感できるアイテムでもあります。 表彰楯…

デザインもテイストも自由自在

手頃なものから高級なものまで色々ある表彰楯 何らかの功績を残した人を称えるために贈られるトロフィや楯などの表彰用品、中でも表彰楯は多くの文字を刻めることからより良い記念品となりま…

UPDATE INFORMATION

TOP